読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「未来は真っ白なキャンバスだ!」けれども…

よく、クサいセリフかもしれませんが

 

未来は、真っ白なキャンバスのようだ、と。

 

だから、あなたはその白いキャンバスに自由に絵を描くことができる。

 

描きたい絵を描くことができる。

 

と。

 

 

べつにたとえ話を否定することもありませんし、

 

たとえ話もマトを得てるな、とも思うのです。

 

で、その「未来は白いキャンバスだ!」のたとえ話に乗っかりますと。

 

 

それまでに、なにも絵を描く練習をしていなかったとしたら?

 

まともな絵が描けるのか?という。

 

よほど稀な天才だったら別ですが。

 

 

これは批判的に言ってるのではないです。

 

 

想い通りに、より想いに近く、

 

未来の真っ白やキャンバスに絵を描くには。

 

それなりの練習や経験や、感受性や、努力や、ワクワク感や、そんなたくさんのものが必要ですよ、ということです。

 

 

そして

 

もちろん新しく取り組むことも必要になるだろうけれど、

 

気づいていないだけで、実は既にある程度の想いを描けるだけの、練習や経験などはしてきているのかもしれない、ということ。

 

 

既に画材は持っているかもしれない、ということ。

 

 

白いキャンバスが何枚あるのかは分かりませんが。

 

 

もちろん、描き始めないことには、なにもキャンバスに描かれることはありません。

 

 

いくら絵を描くための勉強をしたところで、描かなければ何も変わりません。

 

 

そして、

 

自分には何もないや、描く能力なんてないや、なんて思い込みで絵を描き始めたら

 

へたっぴかもしれませんし

 

楽しくないかもしれません。

 

 

でも、

 

今までの経験で実は活かせられることがあるんだ、

 

既にある程度の経験や能力が備わってるんだ、

 

と思い、自分を振り返れば、

 

それなりのものがきっと見つかるはずです。

 

 

 

新しい取り組みをすることももちろん大事ですが

 

 

今の自分に何ができるか

 

できることはたくさんあるはずだ

 

と考えて

 

今あることで、精一杯絵を描き始めることもできるのではないか、と思うのです。