読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会話はキャッチボール!…かな?

あんまり最近聞かないような気もしないでもないですが。

 

 

会話のキャッチボール

 

なんて言ったりします。

 

 

恥ずかしながら、

 

相手が受け取ってくれると思ってボールを投げたのに

 

相手が全然見ていなくて

 

私の投げたボールが転々と転がることがあります…

 

 

 

奇跡的にキャッチボールができたとしても

 

 

相手の投げた球を受け

 

そして、その球を相手に投げ返す

 

そして、その球を相手が受け

 

私に投げ返す

 

この繰り返しです。

 

 

 

これでいい?

 

 

なんか違うな、と思うんです。

 

 

相手が投げてきた球を受け取って素早く返球

 

 

もちろん、本当の野球なら素早く返球は大事ですね。

 

 

 

 

会話のキャッチボールでは…

 

 

相手が投げてきてこちらが受け取ったら

 

すぐには返球せずに

 

「今狙ったところに、思うように投げられた?」

 

と質問。

 

「え?別に意識してなかった」

 

「そっかそっか。じゃあ、今度は、どんな軌道でどの辺りに投げたいのかイメージしてから投げてみて」

 

と言ってから投げ返す。

 

相手が受け止め、イメージしながらこちらに返球する。

 

「投げてみてどうだった?イメージ通り投げられたかな?」

 

「狙ったところにはいったけれど、思うような軌道じゃなかったなぁ」

 

「そっかそっか。じゃあ、今よりもっとイメージ通りに投げるには、どんなことに気をつけたらいいと思う?」

 

「ん〜」

 

「たとえば、今までキャッチボールしていて、気持ちよく相手にズバッと投げられたときってある?思い出して。そのときと今と何が違うかな」

 

 「ん〜。具体的には思い出せないけど…なんか笑いながら投げてたと言うか、すごい楽しくリラックスして投げてた感じは覚えてるんだけども」

 

「そっかそっか。リラックスして投げられたら、イメージ通り投げられるかもしれないね。ってリラックスして、と言ってもアレだけど。一回、笑いながら投げてみようか」

 

と言って、返球。

 

相手はニコニコ笑って返球。

 

「どうだった?」

 

「ん〜。イメージ通りではないけれど、さっき投げた時よりはいい感じ。」

 

「そっかそっか。じゃあ、さっき投げたのと、今投げた時と、何が違ったかな?小さなことでも思い出してみて」

 

 

 

 

みたいな。

 

こんなキャッチボール。

 

念のためたとえ話ですので。

 

本当の野球なら素早く返球してください(笑)

 

 

こんなキャッチボールをしていると、相手は意識して自分で発見して、楽しく上手くなるんじゃないだろうか?

 

と思うわけです。

 

 

はい、相当疲れるかもしれないし、時間もかかりますけどね。

 

 

相手に本当に上手くなってほしい、上手くなれると信じている場合は、疲れるどころか、楽しいかもしれません。

 

 

時間はかかりますが…