読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10と2の数字からなにが?互いを認める、受け入れる。

こんにちは。

 

10と2、という数字自体に意味はありません(笑)

 

 

たとえ話です。

 

算数の。

 

 

もし、今まで生きてきて、「プラス」という概念しかない場合、あるいは、「プラス」の経験しかない、身の回りの人たちも「プラス」の概念ばかりだった、というAさん。

 

 

10と2

 

という数字を聞いて、Aさんにとって結びつく数字は

 

10+2=12

 

です。

 

そこに別の人、Bさんが現れる、と。その人は「マイナス」の概念で生きてきた、と。

 

すると、

 

10と2という数字から導き出されるのは、

 

10-2=8

 

です。

 

 

 

この2人、AさんとBさんが出会ったらどうなるか?

 

A「10と2だから、12だよ。」

 

B「え?10と2だから、8だよ。」

 

と、お互いがお互いの生きてきた概念のみを信じた場合、

 

平行線をたどる、と。

 

 

Aさんにとっては、10と2は、12を意味し、それ以外はありえない、不正解、正しくない。

 

 

Bさんにとっては、10と2は、8を意味し、それ以外はありえない、不正解、正しくない。

 

 

実際は?

 

10と2が12であってもいいし、

 

10と2が8であってもいい。

 

どちらも間違いではない。

 

 

自分の固定観念をすべてだと思うと相手を否定してしまうけれど、

 

なるほど、そういう考え方もあるんだね、と相手を認める。

 

 

A「10と2だから、12だよ」

 

B「えー、僕は10と2だから8だと思うんだけど、12になるのはなんで?」

 

て会話。

 

なるほど、+て考え方があるんだね、と。

 

 

そこで自分の価値観は-のままで、+という価値観もあるんだ、と認識してもよいし、

 

自分の-という価値観に+という価値観を取り込んで、-と+両方の世界を経験してもいい。

 

 

もちろん、そこで分かった気にはならない。

 

だって、同じ-でも、10-2と2-10では違うし

 

掛け算という世界も、割り算という世界もあるから。